追加されたアイテム
みんなの感想

好きなジャンルのはずなのに何故か「告白」「白ゆき姫殺人事件」を見てもあまり刺さらなかった湊かなえ作品。過去に起こった事件をさかのぼって紐解いていくミステリーで時間軸が行き来します。真相が予想できず最後まで引っ張られましたが、全10話は長いしラストはしっくりせず演出もくどく感じました。

アニメを全話見返してから観ました。アニメは20年以上たった今も色あせない面白さでした。比べると実写版はがっかりの連続。作品単体で見てもスケールが小さくチープな感じが否めずきつかったです。

今年6本目

ひどい

ズームだけで映画を作ったというのは素晴らしいが中身は別。普通につまらない

今年5本目

超絶傑作映画!!

会話、音楽、サウンドなどがあまりないのに、登場人物の感情がわかる。表情なのか空気感なのか監督の素晴らしさがわかる作品。

ここ数年LGBTQの作品は多いがこの映画は桁違い。皆さんにお勧めできる一作です!

今年4本目

あまり面白くなかったが二階堂ふみさんの演技は素晴らしい。

今年3本目

大学生になりポケモンを見に行くとは思わなかったが面白かった。ドラえもん以上クレヨンしんちゃん以下!!!

家族で見たら親が考えちゃう系映画。

今年2本目

いまいち、一作目は面白いがという普通のコメントしか書けない。

今年1本目

映画の音響一本に絞ったドキュメンタリー映画。

映画館では見れたけど家では見ないかな。

面白くないという意味ではなく、映画音響は映画館でしか味わえない。

あれよこれよと引き込まれ気づけばエンディング

なんなんでしょうね?

あの悪い事してる人がバレそうになった時に

なぜか悪い人に感情移入してこっちもドキドキしてる不思議な空気(笑)

いや、もう、泣くだろうなあと思ってたけど案の定 笑

何よりよかったのが、主人公以外の周りの人たちの話があるのがよかった

大変だったり、苦しかったりするは誰だって一緒だよなあと

なんかもう、自分の悩みなんてちっぽけっスよね 笑

すべての物事が上手くいく。

このまま行くと大企業の社長とか、一国の首相になりそう。

恋愛もモテモテ過ぎてヤバい。

でもファンタジーだから、一話完結で短いし気軽に観れるエンタメとしては凄くいいと思う。

嘘だろ!?の連続笑

ブラックジョークもおもしろいです

男ウケは間違いないですね!

犯人を予想しながら見るのはなかなか楽しめたのですが、よっぽどでないとアクションを楽しめない性質なので評価は低めです。

食べ物が出てくる映画が好きなので楽しかったです。

お腹が空きました。

注意

ネタバレが含まれています!

奥さんが恐ろしかったです。

結婚したくなくなりました。

食べ物が出てくるアニメが好きなので楽しかったです。

僕もキャンプがしたいです。

注意

ネタバレが含まれています!

彼女があっさり死んでびっくりしました。

僕も再生能力が欲しいと思いました。

よくアニメにできたなと思う感じ。

今の時代だからある意味みたら面白いんじゃないかなと思う(色々規制云々って世の中だから)

いわずと知れた名作。可愛らしい絵のタッチでここまで考察される作品はかつてあっただろうか。シャフトってすげー。

「バラのつぼみ」という言葉を残して亡くなった新聞王の生涯を新聞記者が追う物語。すごい人気らしいので観てみた。撮影方法が当時にしてはすごかったらしい。

お話は腐るほどあるデスゲームの王道なんだけど、日本のデスゲームにありがちな頭脳戦の要素を排除することでアホでも競えるようになってる。やさしい。今やこのジャンルの古典となっているバトルロワイアルに寄っているとも言える。僕が良いなと思ったのは、小汚いものが、ちゃんと小汚いところ。小汚い部屋は、ちゃんと小汚いし、小汚い人も、ちゃんと小汚い。そうしたディテイルの説得力って侮れないと思うんだよな。

「世にも奇妙な物語」や「ブラックミラー」や「笑ゥせぇるすまん」の系統にある、一話完結のドラマです。「喪黒福造を女子高生にしてみた」みたいな感じのやつです。タイの学園ドラマなんですが、日本の学校と似すぎているので違和感なく観られると思います。紹介文には「同級生たちや教師たちの悪行を暴いていく」と書いてありますが、半分ウソです。少なくとも勧善懲悪ではありません。「そそのかしてからぶちのめす」という勧悪懲悪のマッチポンプです。話ごとに監督が違うせいかクオリティーにはムラがあり、面白い回もあれば、見るに堪えない回もあるので、全話観るにはある程度の堪え性が必要かと思います。

注意

ネタバレが含まれています!

子供が主人公の映画なので、子供向けの戦争悲劇映画だと思ってみてたら、

最後にそのオチをもってくるか、、、という驚き。

タイトルは、「他人事ではなく。誰であれ同じようなことが起こりうるという意味で、主人公の少年を指してる」派のおいらです。

2008年の映画ですが、CGのレベルも申し分なく、アクションも中々よかった

柴咲コウさんが酔っ払いにしか見えなくなってきて、違う意味で面白かった