グリーンブック(映画)
【読み】ぐりーんぶっく
グリーンブック(映画)【ぐりーんぶっく】

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

みんなの感想

実話と知らずに見て、これが実話(まぁ一部はフィクションですが)かーって感動しました。

ひとつの出会いで考え方、人生が変わることってきっとあるんだろうなって思います。

人種差別が題材だとは思うのですが、マイノリティで悩んでいる人も見る方が良い。

俳優さんの表情や話し方がすごくうまくて見入ってしまいました。オススメ!

黒人差別が色濃くあった時代、さらに差別が強い南側を旅するピアニストのドクターと運転手として雇われたトニーがいい感じに笑わせてくれて、なんやかんや仲良い感じ。でも北側なら3倍の報酬は貰えるはずなのに、あえての悪条件の旅…。

最強の2人が好きな人は好きかもですな。