注意

ネタバレが含まれています!

障がい者と健常者をテーマとした物語

舞台が関西にしてるのが意外だなと思った、ジョゼの障がい者的な表現が表層だけな感じでフワッとしてる感じがしたなと思った。

うまくお互いの夢だったりとかを絡め会えてるのが面白かったと思う。

注意

ネタバレが含まれています!

実話に基づくお話

今まで見た自然に基づくお話はプロフェショナルの方が極限状態になって限界のその先に挑むというものが多かったが今回のこの作品関してはアマチュアレベルの方が極限状態に落ち至った際にどう行動するかなどが考えられて作られていて良かったと思う。

登場人物等お話が複雑な点があるのでネタバレが気にならないって人は1996年のエベレスト大量遭難の記事を読んだ後にこれを見たほうがすっと入ってくるかもしれない

注意

ネタバレが含まれています!

エピソード1を視聴

本当に専門的な知識を持っていないとできないだろうなという感じだった、スタートが10人からのスタートということもあり進むテンポイマイチに感じたが5人くらいになってとても緊張感が伝わる面白い映像だった

こういうサバイバルものではまず舞台にならないであろう年間降水日数220日、冬という舞台がさらに面白くしている気がした。

ドキュメンタリーとして見ていてすごいなーと思った、三人それぞれにエピソードがあっていいなと思った

表現方法、画面の作り方がとても変わった感じでできてるなと思った怪物のcgすげーと思った。

内容は少し分かりにくいところが多かった印象

注意

ネタバレが含まれています!

実話見たいなお話だった(多分違う?)中々取り扱う話題が9.11なので表現が難しそうだなと思った。

途中で出てきたしゃべれないおっちゃんがとてもいい感じだった

アメリカで実際に起きた物語をインタビュー形式で振り返りながら進んでいくお話

絵の移り変わり方とかが結構独特で普通の映画とかではあんまりみない感じがする、どちらかというとバラエティー番組とかの再現ドラマみたいなのに近いのかなーと思った。

お前は平凡のままでいいのか?というのをひたすら問われている感じがした、もしかしたら多くの方が共感する作品なのかもしれない(そういう意味ではなんか映画ジョーカーに似てるかもなー)。

後半の出てる方達が狂っていくシーンは演出の仕方がとても上手く感じて自分たちも狂っていくんじゃないか?と思った。

注意

ネタバレが含まれています!

こういう事が起こるかもねという想定で作るのには面白いものだなとは思ったけど船の中で寒さに飲まれた時には凍死するのに家の中にいたら平気というのは少し引っかかるなーと思った。

世界を救ったからって家族の中がよくなるご都合主義的な感じがちょっと苦手だった

女性が活躍するmibいつも通りモンスターがとても良い、ストーリーも何重にも張り巡らされていて良かった

ボクシングの映画といえばで真っ先に思い浮かんだ映画、役作りの仕方が結構すごかった。

世界戦が決まってからのロッキーの周りの友人の変わり方の表現が露骨に変わってて良かった、その中でもロッキー自身は何も変わっていないという芯がある感じが見てて面白かった

悪党が集結して戦う悪党のオールスター感があって良かったが他の作品を知らないことがあったので一人一人のバックボーン?の説明が早くて理解するのが難しいなと思うことがあった。

事実に基づいて作られたものということでとても面白くみられた、話の進み方が少しわかりにくいところもあるけど驚きを感じられる作りになっていてとても良かったし、まいた伏線は全部回収してくれてスッキリしてみられて良かった。

また創作をするときにスポットが当たりずらいところに焦点が当てられてる気がしてて面白く見えた。

注意

ネタバレが含まれています!

最初見た時めっちゃ軍隊やんと思った、そして途中の天才を殺す言葉は上出来だというところがとてもよかった。

びっくりするところが2、3点あって緊張感がこっちにも伝わってくるおもろい映画だったのと芸事の世界はとても厳しいというのと狂気の中で生きているんだなーと思った作品だった

最初は無茶苦茶に暴れてるだけでやってること無茶苦茶だなと思ったけど、最後のランボーの上官に向けての言葉がすごく心にくるものがあった、あと集団対個人みたいな対立構造になってて面白かった

注意

ネタバレが含まれています!

名前を明かさずくまてつに名付けられるところが新たな誕生みたいな感じでとてもよかった、またきゅうたの強くなり方も教えてもらいながら強くなるという感じではなく師匠の動きを目で見て盗み強くなっていくという感じが描かれていてよかった

師弟の関係でありながら成長するのは弟子だけではないというところもわかってよかったなーと思う

たくさんの恐竜が出てきて楽しい作品、1993年にこういう作品ができるのすごいなーと思った

何度見てもいい作品、色んな対立だったりをポケモンとの関係で表せているのがすごいなーと思った。

・見た後にこのアニメってかっこいいなって思いが残るアニメだなーと思った。 ・元々自分自身銃とかどでかい武器が出てくるアニメが好きってのもあって楽しく見れた ・自衛隊っていう漠然とは知ってるけどどうなってるの?っていう感じのものをテーマみたいになってるのが良かった ・セリフの使い回しがカッコよかったなーと思った

昔の日本の田舎の方でもこういう風習はあったんじゃないかなーとトータルで思った。

色んな伏線みたいな物をしっかり回収させながら進んでいくのは良かった。

自分的には怖いと思いよりも、こういう物もあるよねみたいな感じで見た作品

キャラクター達が可愛かった、日常回が多くて癒された