ハッピー・デス・デイ(映画)
【読み】はっぴーですでい
ハッピー・デス・デイ(映画)【はっぴーですでい】

誕生日に殺された主人公が目を覚ますと再びその日の朝に戻り、自分が殺される誕生日を何度も繰り返すことになる姿を描いた新感覚のタイムループホラー。「ゲット・アウト」「スプリット」「ハロウィン」などホラー、サスペンス作品を数々ヒットさせているプロデューサーのジェイソン・ブラムが製作。イケてる女子大生で遊んでばかりのツリーは、誕生日の朝も見知らぬ男のベッドで目を覚ます。慌しく日中のルーティンをこなした彼女は、夜になってパーティに繰り出す道すがら、マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。しかし気がつくと、誕生日の朝に戻っており、再び見知らぬ男のベッドの中にいた。その後も同じ一日を何度も繰り返すツリーは、タイムループから抜け出すため、何度殺されても殺人鬼に立ち向かうが……。主演は「ラ・ラ・ランド」にも出演したジェシカ・ロース。監督は「パラノーマル・アクティビティ 呪いの印」のクリストファー・ランドン。

みんなの感想

ループ系って、死ぬとループするパターンばっかり

犯人が気になって目が離せない作品でした!

注意

ネタバレが含まれています!

ホラー映画にハマったきっかけの1つ。

ざっくりストーリー説明をすると、ループもののホラー。主人公は何者かに殺されるのだが、殺されると殺された日の朝に戻る。犯人を見つけて生き延びることができれば終了、という分かりやすいストーリー。

毎度主人公ちゃんはグロい殺され方で殺されるのに、ずんずん進んでいくところがとても面白い。

死んでもいいから犯人を突き止めてやる、朝に戻ったらそいつの所へ行く、というなかなかの強者。途中あたり、【どうせ死ぬなら肌がで学校でも歩いてみようかな☆】みたいなシーンもあったりと、ギャグも含まれていて、なかなかに面白かった。

そして何気に恋愛要素もあるところが良かった。毎朝起きる場所が同級生の男の家なのだが、この男の家で良かったと、最後に凄く愛おしい気持ちになれた。

定期的に見たくなる1作。

「面白いらしい」となんとなく前情報ありで見ました。

視聴中は感情移入的ではなく「ほほお、こういう風に進むのか」と分析的な気分で進み、気持ち的には「これ面白い!」とならないまま「あー、こんな感じで終劇か…」という流れでした。

楽しめなかった要因がはっきり自覚できていませんが、なんとなく気になっているので二作目も見てみようかと思っているところです。

「Happy Birth Dead」というタイトルだったフランス版ですが、タイムループモノのホラー映画という面白ジャンル。2も悪くないっす。

んでも、マイナー。。。

ホラー映画かと思ったら時間ループモノでした。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のミステリー版というところでしょうか。よく出来ている秀作です。