浅草キッド(映画)
【読み】あさくさきっど
浅草キッド(映画)【あさくさきっど】

『浅草キッド』(あさくさキッド)は、ビートたけしの小説。
ビートたけしの師匠である深見千三郎と過ごした青春時代を描いた自伝で、
1988年1月に太田出版から単行本が刊行され、1992年11月30日に新潮文庫から文庫本が刊行された。

1988年にテレビ朝日の『木曜ドラマ』で天宮良主演により『ビートたけしの浅草キッド・青春奮闘編』として、
2002年にスカイパーフェクTV!で水道橋博士主演により『浅草キッドの「浅草キッド」』として、テレビドラマ化された。
2021年冬にはNetflixにて劇団ひとり監督・脚本、大泉洋と柳楽優弥のダブル主演で『浅草キッド』として、映画化される。

みんなの感想

ジミー大西さんので、さんまさんのがあったから今回はたけしさん、次は萩本欽一さんかタモリさんですかね?

僕の世代は完成されたたけしさんしかしらないから、下積み時代のたけしさんが知れてよかった。

柳楽くんは演技の幅が広いなー

ディストラクション・ベイビーズの時はマジで怖かった

w

芸人を目指した事は無いですが

なんだか泣きました

監督が劇団ひとりさんだったのを知らずに観たので

すげぇってなりました

小説・ドラマなど未見。展開に引っかかる部分がなくスムーズでとても良かったです。それに加え主演2人がハマり役で人情ものですが冷めることなく見ることができました。