メインストーリー遊びたかったが進めるまでの経験値稼ぎによる単調な探索とお使い作業が辛すぎる。オープンワールドだがレベルによる強さがあるのでおおよそ行ける道順は決まっている感じ。基本無料の運営型ゲームはこういうものだったと改めて認識させてくれた。

気軽にできそうなババ抜きベースのボドゲということでゲムマで購入。2枚揃えて出すカードには様々な効果があり、残業(ババ)カードがあっちこっち移動する様は単純なババ抜きを面白く進化させている。

ローグライト要素が加わったシティビルダー系のゲーム。1つの開拓には期限があり、ダラダラしていると女王様の怒りが爆発してゲームオーバー。ビジュアルは街づくりシミュレーションに見えるが、戦略や効率を考えるのがメインでやってることはストラテジー系。適度にクリア達成感を味わえて、その報酬で出来ることが増えていくので飽きずプレイできる。まったり好きな街を作るイメージで買うと別ゲーなので注意。

フラットなドット絵で雰囲気ゲーかと思いきやゲーム性に富んだアクションRPGでした。難しく考える必要もなくゲームってこういうのでいいんだよなと思わせる良い作品です。キャラクターで癒やされてBGMでも癒やされます。今の時代にこういったこだわりを持ったゲームを作ってくれる制作者に感謝。

シンプルでおもしろいです。スキマ時間に遊べて良き

圧倒的なドットクオリティで再現されたゲーム世界が素晴らしい。全てにこだわりを持って丁寧に制作された開発者の気持ちが伝わってきました。ストーリーの展開は後で思えばプレーヤーに合わせてしっかり設計されているなと。間違いなく屈指のJRPGです。

4~5人集まってやるボードゲーム。火星開拓という明確な目的と奥深いルールは1度プレイするとその面白さに魅了されます。簡易ルールモードでも1プレイおよそ3時間はかかるので結構ガッツリめなゲームです。

ミステリーとしてかなり面白いストーリーでした。人狼ならではの話の構成とADVゲームとして在り方が良くできています。
遊んだ後の読み手側の想像におまかせするってモヤモヤも無いので満足度が高かった。

世界の在り方や表現が前作よりもさらに洗練されていて惹き込まれました。オープンワールドを遊び尽くすというゲーム性に置いては追随を許さないクオリティに仕上がっています。ですが、決して万人向けのゲームでは無いです。特に操作面では移動アクションに加え武器やアイテムの切り替えがとにかく多いので、スマホゲームのような単純操作に慣れた人には困難なゲームになるかもしれません。それでもこの世界を楽しめないのは損と言えるくらいに面白いです。

パッケージからは想像できない難易度。とにかく難しいのでじっくり頭使って考えないとダメなゲーム。
デッキ構築が思うように進んだときの手汗握る緊張感がクセになります。
それにかわいいキャラデザ、音楽と小気味よいリズムが気持ち良い。これらが難しくてももう一回やろうと思わせてくれる。

リメイク版をプレイ。ミステリーとして面白いストーリーでした。
一癖も二癖もあるキャラが怒涛の展開を広げるので飽きません。
今の時代では抵抗のあるUIデザインだけどそれも含めてのゲーム。

アート系や雰囲気系と言われるジャンルでゲーム性はあまりない。
が、鳥になって自由に羽ばたけるアクションがこのゲームでメインの面白さ。
本来ならゲーム性とのバランスでこういったアクションは少なからずストレスが掛かるように作られるがそれがないから爽快。

トレジャーハントのアイデアは面白いのに作り込みが残念なゲーム。
良く言えばやり込み要素があるが、雑なUI設計が散らばっていてとてもやり込む気にならない。
画面やマップ切り替え毎のロード長さ、ワールド上の移動に枷をつけるかのような制限システム、マップモデルの作り込みの甘さ、マーカーすら立てられない地図…あのテンポの悪さはどうにかならなかったんでしょうか。
そしてあの世界観やBGM、ダンジョンも…そう、ドラクエ10ですね。使い回しはいかんと思います。

最強のおつかいゲーム。壮大な物語や舞台を期待してはいけません。
無心でおつかいゲーをしたいときには最高のゲームです。
主人公は加速度的に成長し強くなっていくので一気に進められるのも高ポイント。
6~8時間もあれば実績コンプリートできるのでおつかいのボリュームも丁度良い。

短編ミステリーの読み物として楽しめました。
あとゲロイン好きな人にオススメです。

開発時のビジュアルを見て即購入決定。これぞインディーズというゲームでした。
女の子がドットながら可愛く動くのでとても癒やされます。
あとひたすら釣りしてて楽しい。

どこか懐かしいような箱庭マップで遊ぶ3Dゲームって感じでした。

チグハグなキャラたちが成すコミカル調なやりとりにクスッときます。

主人公のニコがかわいい。
ちょっと切ない世界を共に旅をする感じでついつい進めてしまいます。

眠れない夜にお酒を片手にプレイするといいかも?

ピクセルアートゲームとしては今までで最高のクオリティです。
すべてユニークな形で作り込まれたキャラと世界観に加え、ストーリーも素晴らしく引き込まれました。

クリア後はBGMが恋しくなるのでサントラ同時購入をオススメします。

3v3のバトルがシンプルながらも、モンスターのスキルをビルドして戦術を練る面白さにハマりました。
フィールド探索の攻略もモンスターが鍵になっており、新しいモンスターが現れる度にワクワクします。
ストーリーはそこまで没入する内容ではありませんでしたが決して悪くはないです。

なお、ポ○モンを想像してプレイすると、全くジャンルが違うので注意。