少女☆歌劇 レヴュー・スタァライトロンド・ロンド・ロンド(映画)
【読み】しょうじょかげきれゔゅーすたぁらいとろんどろんどろんど
少女☆歌劇 レヴュー・スタァライトロンド・ロンド・ロンド(映画)【しょうじょかげきれゔゅーすたぁらいとろんどろんどろんど】

再生産総集編(テレビアニメ版の総集編に新規シーンを多数加えて“再生産”したもの)。当初2020年5月29日公開予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公開延期となった[39]。2020年7月13日の報道で正式な公開日が 2020年8月7日に決定[40]。同様に主題歌CD『再生讃美曲』についても発売延期となり同年9月9日に発売[41]

上映開始後初回のミニシアターランキングで1位

国内有数の演劇学校、聖翔音楽学園。 この学園では1学年に1つ演目が割り振られ、学校行事である『聖翔祭』にて3年間上演することでその演目を洗練させていくという伝統があった。 2017年度入学の99期生の演目は戯曲:『スタァライト(原題:THE STARLIGHT GATHERER)』。

そして2018年春、早速2度目の聖翔祭に向けて準備を始めていた99期生に突如転校生が加わる。彼女の名は神楽ひかり。主人公・愛城華恋の幼馴染であり、12年ぶりにイギリスからの帰国を果たした彼女の登場は、華恋ら99期生の心に少なからず波紋を起こす。

そんな中、夜中に寮を抜け出したひかりを不思議に思った華恋が後を追うと、辿り着いたのは聖翔音楽学園。そこで見つけたのは見覚えのないエレベーター。 その行き先は謎の「地下劇場」。そこでは選ばれた舞台少女達が各々の覚悟を胸に「レヴューオーディション」に参加し、壮絶な決闘を繰り広げていた。

みんなの感想

アニメ版の総集編的な感じだけど総集編ではない感じの物語、アニメを見てないとちょっとわからない所が多いかもしれない。

大場ななのその時どう思ったのかという視点で描かれている感じがした、アニメ版ではキャラクターが観客(自分達に向けて進んでいってる)けどロンドロンドロンドでは今までの話を大場ななに対して見せている感じがした(多分自分の拡大解釈のしすぎです、すみません)