昭和元禄落語心中(TVシリーズ)
【読み】しょうわげんろくらくごしんじゅう
昭和元禄落語心中(TVシリーズ)【しょうわげんろくらくごしんじゅう】

戦前からバブル以降まで、細やかな表現を特徴とする孤独・孤高な男と、
対照的な立場・才能の持ち主とが同門で出会い、
落語の将来不安とそれぞれの芸を追求する流れの中で、
同門関係・色街と男女・疑似家族・ファンなどが絡まりながら、男達の話芸・落語への存在のかけ方が描かれる。

話は江戸落語界で昭和後期の名人と弟子の出会いに始まり、
名人の孤独の形成される過去話となる戦前から戦後に飛び、再び昭和に戻ってバブル前後から、
明白となった落語衰退時期へとつながり、名人の孤独・孤高な芸風と生き方と落語界の衰退とがより強く関わり合う。


雲田はるこによる日本の漫画で『ITAN』(講談社)2010年零号(創刊号)から2016年32号まで連載。
第17回2013年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第38回(2014年度)講談社漫画賞一般部門、
「落語を巡る愛憎劇に高座の巧みな描写を織り交ぜた清新な表現に対して」2017年、第21回手塚治虫文化賞新生賞をそれぞれ受賞している。

2014年12月にテレビアニメ化が発表され、まず第1期が2016年1月から3月にかけて放送され、第2期が2017年1月より3月にかけて放送された。

2018年にNHKでテレビドラマ化され、同年10月12日から12月14日までNHK総合「ドラマ10」で放送された。

みんなの感想

架空の落語家の人情話です。やたらと評判が良いのでドラマ版を見てみました。しかし役者が頑張っているのは分かるのですが落語に興味がないためかいま一つピンとこなかったです。むしろストーリーがまどろっこしく感じて、あと2話くらい削れるのではないかと思いました。