さらい屋五葉(TVシリーズ)
【読み】さらいやごよう
さらい屋五葉(TVシリーズ)【さらいやごよう】

『さらい屋 五葉』(さらいや ごよう)は、オノ・ナツメによる日本の漫画。『月刊IKKI』(小学館)にて2006年1月号から2010年9月号まで連載された。単行本は全8巻。2010年1月号でアニメ化が発表され、2010年4月から7月にかけてフジテレビ『ノイタミナ』枠で放送された。
田舎から江戸に出てきた侍・秋津政之助は、ひょんなことから誘拐組織「五葉」の頭目・弥一の用心棒をしてしまう。弥一に剣の腕を見込まれた政之助は、自らの意向とは逆に五葉の一味にされる。

みんなの感想

U-NEXTにて。気弱な侍が賊の仲間になる話。オノ・ナツメ作品はあまり読んでいないのですが、ゆっくりと進む展開と雰囲気が良かったです。あまり動きがないので作画も安定しています。ただ、急に終わった感はあるので箸休め的に見るのが良いかと。全12話。