狂四郎2030(書籍)
【読み】きょうしろうにせんさんじゅう
狂四郎2030(書籍)【きょうしろうにせんさんじゅう】
みんなの感想

1997年の視点から描かれた2030年のディストピア日本のSF漫画。

第三次世界大戦後の優生学を軸に徹底的な管理社会となっている近未来の日本で、元兵士の青年が恋して頑張る話です。(雑)

終始コメディタッチのおちゃらけムードではあるものの、根底に流れるテーマが、世界大戦仮想世界ジェノサイド戦争帰還兵の心理って感じで、ストーリーはどんどん重たくなってきます。そういうの好きな人はきっと好物中の大好物になると思います。

すごくいい作品なんですが...正直友人には進められません。なぜならエロ描画が満載だからです。下ネタもふんだんに仕込まれています。あまりの下ネタ頻発、生々しくしつこい性描写に最初は耐性がつくまで健康を害する恐れあります。

ちなみに電車で読むと即痴女扱いされるくらいの代物ですので、ダウンロードしてスマホで画面を小さくして読むか、お家のソファーでこっそり読んでみて下さい。


廻狂四郎格好いい度:5

これ将来の日本なんじゃないか度:5

エロすぎて疲れる度:5