生命科学的思考(書籍)
【読み】せいめいかがくてきしこう
生命科学的思考(書籍)【せいめいかがくてきしこう】

一度きりの人生において、自らの生命をどう「燃やす」か? 生命科学研究者であり、起業家でもある著者がたどりついた「生命の原則」。生命には原理や原則があることを客観的に理解した上で、それに抗うために主観的な意志を活かして行動する力を、私たちは持っている。

孫泰蔵氏(起業家)・中野信子氏(脳科学者)・竹内薫氏(サイエンス作家)推薦!

みんなの感想

人類だけが持つ特異的な能力を武器に、私たち現代人がどうしたって従ってしまう生命のルール(恥ずかしい...)に対して、どのように抗って生きて行くべきなのか、そして抗わない場合はどうなってしまうのか...を生命科学的視点で学べる聖典です。

所詮、私って遺伝子を運ぶ箱舟だよなーと楽観的になれます。


目から鱗度:4

希望的結論度:5

入信します度:5