君の視線が止まる先に(映画)
【読み】きみのしせんがとまるさきに
君の視線が止まる先に(映画)【きみのしせんがとまるさきに】

アジアをはじめ世界中で爆発的な人気を博した韓国初のBL(ボーイズラブ)ドラマ。全世界200ヵ国で同時公開され、中国ウェイボーのK-ドラマ部門1位、日本の楽天TV総合ドラマ部門1位を席巻、そして映画版はNetflixでの放送、映画祭の招待などで話題を集めた。主人公の財閥2世テジュ役を務めたのは、人気オーディション番組「プロデュースX101」に出演して注目を集めたハン・ギチャン。ボディーガードでもあるグク役を務めているのは身長186cmのモデルチャン・ウィス。親友?主従関係?恋・・・?揺れ動く二人の繊細な演技にも注目!

■あらすじ
政財界NO.1企業TBグループの唯一無二の後継者テジュ。そしてその傍をいつも影のように守るグク。二人は親友ではあるが、主従関係でもある。グクは牽制勢力の圧迫からテジュを守るため生まれた時から決められたテジュの秘密ボディーガード。テジュはいつも傍にいてくれるグクがボディーガード以上に気が安らぐ親友なのだ。ある日、二人の前に明るい転校生・ヘミが現れる。ヘミは一目ぼれしたグクに積極的にアプローチしてくるのだが…。

■出演
ハン・ギチャン
チャン・ウィス
チェ・ギュリ
チョン・ジェヨン
ほか

■スタッフ
監督:フアン・ダスル

みんなの感想

注意

ネタバレが含まれています!

Rakuten TVで数回、映画館で1回視聴。韓国BLドラマ初視聴がこの作品。

親友で主従で高校生で設定モリモリだけど、そんなに不自然じゃなかった。やりすぎ感もあまり感じず、集中して見られた。18禁シーンは無いし、絵が綺麗なので見やすい。

初めは仲良しな親友2人がただただ可愛くて、少しずつ切なくなってくる。BLあるあるの噛ませ役の女の子が嫌な奴すぎてイライラするとかもなく、途中で嫌にならなかった。

最初の方のテジュが手怪我したからってグクに色々してもらうくだりが可愛くてキュンキュンした。

韓国BLがもっと栄えますように。